”ハギレ”を使用したバッグなどを作っている「odds and ends」から待望の新作が登場♡

姉妹ブランド「shoeface」の生産過程で出る端切れを主な資材としてバッグなどを作っている「odds and ends」。特に人気のある「スカーフ持ち手ミニバッグ」「くつひも持ち手ミニバッグ」「くつひもロングショルダーミニバッグ」の3シリーズから、待望の新作が7月31日(土)に発売されます。

odds and ends

odds and endsの待望の新作

今回も、色とりどりで華やか。端切れを使用することによって生まれる個性が光る1点物ばかりです。

SDGsやアップサイクルというのはブランドとしての基本にありますが、まずは使いたいと思ってもらえるデザインであることにこだわりを持っているため、単純に「かわいい」「おしゃれ」「個性的」を基準として選んでもらえることがうれしいという姿勢で、高感度層からの強い支持を得ています。

そしてその結果、「SDGs」に対する意識をより広めることができると考えています。

バッグを作るために使用できる端切れの供給が安定しないことと、製作過程がとても複雑なことから、生産自体が不安定な同ブランド。新作はランダムに、少量ずつの入荷になります。もちろん同じものの再入荷はありません。

お盆前の入荷は今回が最後。また、8/7(土)~15(日)までは発送業務がストップするので、お盆休みに使用したい方は8/5(木)までの1週間が勝負です。

なんと今回は初のクーポンも用意してあるとのこと。インスタグラムのフォロワー限定だそうなので、チェックしてみてください。

詳細

■odds and ends

古布や国内外の伝統生地を使用し、SDGsへの貢献も目指すシューレースブランド「sheface」の生産過程で出る端切れを主な資材として、「サステナブルだからこそ生まれる個性」を持つ一点物のバッグ・雑貨を展開。