名古屋のおいしいご当地グルメ「どて煮」が食べられるお店で昼呑みせんべろほろよい!

名古屋で創業以来70年間継ぎ足しの八丁味噌でおでんとどて煮がせんべろで食べて飲める大衆居酒屋です。常連さんが立ち飲みでちょい呑みやカウンターで孤独のグルメ気分を味わい、座敷もあるので宴会シーズンになるとサラリーマンの団体客の姿も。店先に茶色のグツグツ煮えたぎる鍋におでんとホルモンのどて煮がギュウギュウに詰められていて、立ち昇る湯気から味噌の香りがしておなかがなりそうです。

グツグツ煮えたぎる鍋が茶色一色!?

八幡屋の店先価格:ネギマ126円/その他串物93円/おでん104円

席に着くとすぐにお通しで出てくるキャベツは無料です。注文は一本から出来るので一人で入る人にとっては本数縛りがないのは嬉しい。店先でテイクアウトもでき自宅用にどて煮を買う主婦もいる様です。

おでんと一緒に煮込まれたどて煮

八幡屋のどて煮

煮込まれて柔らかくなったホルモンのどて煮はちょっぴり甘い感じで疲れた体に染みますね。くどくないので2〜3本は女性でも軽く食べられそうです。

お酒を飲むならガリガリチューハイ450円(アイスガリガリ君入りソーダ味)期待を裏切らないネーミングにさらに当たりが出たらもう一杯サービスです。

秘伝のタレととん焼き

八幡屋のとん焼き

ホルモンを一度、炭火で焼いているので食感に弾力があって食べ応えがあります。秘伝のタレはとろみと甘さがあるので変化球の一品です。お会計は串で数えるので串入れにまとめてあげてください。

串カツで味変!

八幡屋の味噌串カツ

串カツは注文時に味噌カツと頼むと味噌鍋に潜らせたアツアツの味噌カツがきます。時間がたつとサクサク感が無くなってしまうのですぐに食べてください。やけどに注意!

串カツのまま注文すれば卓上にあるソースをかけたり胡椒をかけたりと味を変えられます。お店のオススメの食べ方は胡椒です。味噌だけだと塩味が欲しくなるので胡椒が良いアクセントに。

味噌おでんもぜひ食べてみてください!

八幡屋の味噌おでん

味噌が染み込んだおでんが堪らない。玉子を割って黄身にたっぷりと味噌をつけると本当に美味しくて、こんにゃくも味噌まみれ、名古屋ローカル具材の赤棒(練り物)を食べるとモチモチした食感が面白い。

味噌まみれの串で手が汚れると思われる人がいると思いますがこのお店にお手ふきはありません。代わりに新聞紙を手づかみ用に切った紙があるのでご使用ください。この感じも好きなので0次会や1次会にお薦めです。観光の際もぜひ立ち寄ってみてください。

Facebook Twitter LINE