超一流店からの招待「LOUANGE TOKYO Le Musee」ミッションを成功させろ!

皆さんは、Instagramは使われてますか?おいしい物を食べた時や奇麗な風景に感動した時など、写真を撮ったり動画を撮ったり、同じ趣味の方に見てもらい友達には報告するツールとして有名ですよね。楽しくInstagramを続けていると、たまにですが突然ダイレクトメールが届き、招待されます。今回は、「LOUANGE TOKYO Le Musee」に招待していただいたので、その時の模様を紹介します。

レセプションパーティーへ

LOUANGEの表紙

LOUANGEさんの招待は2回目となり、1回目はインスタの先輩・マッキーさんと一緒に行きました。初めての招待となり手順の流れがわからず、かなり勉強になりました。

今回は1周年ということで新作パンケーキ&タルト発表会です。レセプションパーティーの模様を面白おかしく、ご報告いたします。

LOUANGE TOKYO Le Musee

LOUANGEの看板

お店のご紹介♫このお話を聞くと”ググ〜”っと心が揺さぶられるかもしれません。2年に1度、お菓子界のワールドカップのような国際コンクールがあります。その名は“WPTC”。3人1組で2日間にわたり技術を競い合う大会があります。

もちろん、その大会に日本チームも参加しており、なんと総合優勝〜、ですが、どうせ優勝されたパティシエさんはパリとかロンドンなど海外で活躍し、飛行機代もかかるし死ぬまでに1度ぐらいは食べられればいいな〜と考えてしまいますよね。

ついつい妄想してしまいがちですが、違います。なんとチームの一員である藤田浩司さんがグランドシェフとして所属する「LOUANGE TOKYO Le Musee」は、東京の銀座でその気になれば明日、それとも来週にも食べたいときに食べられるのです。

LOUANGEのショーケース

さらに興味深いお話があります。いくら味が良くても雰囲気が気になるところ。美術館をイメージし高級ホテルの一室に居るかのような豪華な空間。特別な日やデートなどにもピッタリです。まずは一度、世界でトップのレベルのスイーツを味わってください。

[準備編]

LOUANGEのカトラリー

オファーをいただき、まずやることは一緒に行ってくれるインスタグラマーを探さなければなりません。同行者1人選び、2人で来てくださいとの事です。開催日に休めるか?パンケーキは好きなのか?立候補を募るわけにもいかず…

去年一度、目黒のアフタヌーンティーをご一緒したパルちゃんにお願いいたしました。思えば今回の逆で私をお誘いいただいた経緯もあり快く承諾していただきました。

次の心配は洋服です。招待された以上同行者に恥をかかせるわけにもいかず、主催者様にも失礼のないように常識のある服で行かなくてはなりません。

落とし所としましては、スマートでカジュアルな私服としても着られる一石二鳥を狙いました。準備万端です。待ちあわせ場所も決まり順調です。

しかし開催日が近づくに連れてプレッシャーがのしかかってきます。1番得意のパンケーキで招待され、誰よりもおいしそうに、美しく写真に収めなければなりません。そして健康面も万全の体制で望むため、手洗いうがいを欠かさず当日はお昼ごはんは抜きにしました。

当日、経験を生かしモンスターを出し抜け編

LOUANGEのパンケーキ

運命の時が来た。何故か自然に4時30分に起きてしまいました。夕方18時よりパーティーのため、朝一に北千住の茶香さんにてウォーミングアップがてらパインパンケーキをいただきました。そこからご飯抜きです。おなかがグーグー鳴ったまま電車で現地に向かいます。

待ちあわせも成功し現着です。早く行く必要は全くないわけですが必ず1番に着きます。

入口で名前と招待時間を言い中に入ろうとしますが、受付の女性が焦っております。それを見た私はもっと焦ります。災厄の事態を想像してしまいました。招待は気のせい?とてもじゃありませんがパルちゃんの顔を見られません。

妄想が妄想を呼び頭の中でビンタされたその時!あっどうぞ〜……この20秒が3時間に感じました。席は指定となり席に料理を運んでいただけるスタイルです。

そして可愛らしい熊ちゃんのパンケーキが目の前に運ばれてきました。“おーファンタスティック”つい言葉が漏れてしまうほどすてきなパンケーキです。

なんとパンケーキにはトリュフが入っております。それだけで驚いていたら付属のプリンがとんでもなく美味しく、しばし天井を見上げ、たそがれてしまいました。プリンは3層構造でした。大好きな味です。

パンケーキの正式な名前はTRUFFE SOUFFLE PANCAKEと言います。

LOUANGEのタルトマンゴー

LOUANGEのタルトいちご

タルトはマンゴーとイチゴの2種類。こちらも言うまでもなく、とんでもないおいしさです。

LOUANGEのくま

会場では撮影ブースが2カ所ありました。皆さん、なかなか撮影に熱心で何十回と納得の行くまで撮り続けます。順番を待ち、並ぶほどです。

後で調べたところ、フォロワー様が多い方177万、続いて約40万の方が4名。これを見ると招待が奇跡にしか思えません。

LOUANGEの紅茶

自分的には、予定通り取材できましたので満足しておりますが1点大きなミスがありました。パンケーキカットシーンで…これは見る価値があります。私のPOSTをご覧いただきたいと思います。(紹介欄にアカウント名有り)

大変貴重な体験でした。感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

Facebook Twitter LINE